インフォメーション

2020-09-12 12:28:00
 NO.7 地引き網・市五郎丸  大漁のしらす

※画面クリックで、しらすや他の魚が見えます
引き上げられた網の中には、大漁のしらすだけでなく、他の魚も見えてます。
この後、大きなバケツ等にて水洗いし、
ゴミや他の魚などを取り除きます。
IMG_1191.JPG

これで、生しらすの出来上がりです。食べれば甘く”絶品”です。生がダメな方は
釜揚げにてフワフワ、プリプリ、ほどよい塩加減のしらすも最高です。
当然、他の取れた新鮮な魚を刺身、焼いて食べるのも地引網の醍醐味です。
さらに、事前にバーベキューセット等を予約していただければ、より楽しい
ひとときになるかと思います。湘南の青い海を眺め、潮風を感じながらの
食事は、美味しさも、楽しさも”5割”増しです(笑)
※地引網と、バーベキュー、そしてビールって最高かも(笑)
baq.jpeg
 
https://www.facebook.com/ichigoromaru/

2020-09-12 12:06:00
NO.7 地引き網・市五郎丸

※画面クリックで、海の男達のイイ笑顔が見れます。
二宮の一般的なイメージは里山。そして、その代表が吾妻山です。
海は、特に・・。という方が多いのでは。私もそうでした(笑)
私が市五郎丸を知ったのは、二宮サロンの諏訪さんの取材中です。
近所の人が出るからとの事で、突然、テレビのスイッチON。
そして、それが、地引網の市五郎丸さんの映像でした。
実は、この日は、ノーアポで諏訪さんの所へ。そんな私を応対
してくれる中、偶然か運命か、市五郎丸さんを知った次第です(笑)
 今、釣りは全然やらないのですが、二十数年前、横浜から小田原
へ引越して来た頃は、良く、山王海岸へ釣りに行きました。海釣りが
ど素人の私に、釣り方、仕掛けなど色々、浜の釣り名人が、気さくに
明るく、教えてくれ、釣りの面白さも知り、三年程は、週末は釣り
(シロギス)三昧でした(笑)釣りの面白さは、ヒットした時の感触、
そしてリールを巻いて波間から魚が見えた時、次に、無事に手元まで
来た魚の顔やキラキラした可愛い目を見たときです。また、海では
何が釣れるか分からない事。カワハギは2回、釣ったかな。一番びっくり
したのは、ヘビ見たいなモノが釣れて、これはマズイと思った時、
隣にいた釣り名人が、『目を見てごらん。それは、カワイイ目をしてる
から。』目をみると、ホントにカワイイ。実はそれは”穴子”でした(笑)
 さて、地引網ですが、これは、プロの漁師が200メートル程沖まで
網を張り、魚を呼び込み、その網をみんなで力を合わせて、引きます。
釣りとは、違い、大量で多種の魚が一気に引上げられます。カワイイ目
した、たくさんの魚、大きいのから、魚やイカの赤ちゃんまで。それを
海の男達が気さくに、親切に説明してくれます。釣りはボーズで、魚の
顔も見ずに帰る事も良くありますが、地引網では99.9%無いです(笑)
※波間から魚の姿が見え始めたら、ワクワク、ドキドキです。

zibiki2.jpg

2020-08-27 15:27:00
NO.6 湘南二宮・ふるさと炭焼き会     二宮  パン  ブーランジェリー・ヤマシタ

※飲み物はカフェオレ。パンはクーロンヌ。
 持ち帰りは、グランベリーホワイトチョコ、シナモンロール、パン・オ・レザン

さて、今日は初めて"食堂”で、パンをいただくことにしました。
”食堂”は、飲食をする部屋でありますが、パン売場の中からは
一切、見えず、いったん外に出てサイドの入口より入場します。
何処かの定食屋のように、何故”食堂”とよばれているかは、謎です(笑)
実際に中に入ると、思ったよりも広く、オシャレな雰囲気なので
少し驚きました。天井は高く、照明もモダンな感じ、そして
作り付けの棚には調度品や本などもたくさんありました。
 この奥座敷の存在は大きく、パンに合うお好みの飲物を選べること
また、持ち帰りか、ここで食べるか、さらに、ここだけにしかない
ハンバーガー、サンドイッチ、フレンチトーストのセットも有り、
食事を幅広く楽しめる事が可能になります。
 そして、親しい友人や仲間と過ごしたり、たまたま、隣に座った方
と仲良くなったり、新しい出会いもあったりする場所にもなります。

 今回、私の隣席は、4、5才ぐらいの男の子と一緒の若奥様で、秦野
から来られたとの事。以前に何回か、来ている様子で、今日はお子さん
のリクエストで来店されたそうで、ハンバーガーセットを注文。
もう、小さなお子さんがリピーターになってます。
 隣のお子さんを見ていて、”ヤマシタ”さんの魅力が少し分かりました。
それは、先ずはパンの美味しさ、次に人との距離感が身近に感じられる
最後に、パン屋さんには希少な、わくわくドキドキ感があることです。
 パンの美味しさについては、何も言うことはありません。
持ち帰ったパンは、ビールを飲みながら、美味しくいただきました(笑)

  ※オシャレな”食堂”です

IMG_1123.JPG

2020-08-26 11:48:00
NO.6 湘南二宮・ふるさと炭焼き会   pann

自家製、天然酵母の本格パン作り。遠方からの来客も多い人気店です。

JR二宮駅北口から731mで徒歩12分。旧道沿いの左側にあります。
向かいは原米屋さん。店の前を通るだけで、いつも、店外にも人が
溢れているので、つい関心をもってしまう不思議な魅力の店です。
そして、実際に店の中に入ると思った以上に狭いのですが、ほぼ一歩も
動かず全商品が見渡せます(笑)そして、すぐ横には、明るい店員さん
いて、丁寧に対応してくれます。この独特のスペース空間が、この店の
魅力かも(笑)
 ”ブーランジェリー”はフランス語では”パン屋”ですが、ただの”パン屋”
ではありません。「職人自らが小麦を選び、粉をこねて、焼いたパンを
その場で売るお店」であることが条件で、フランスの文化のもとに法律
で定められた称号だそうです。ヤマシタさんのパン作りへのこだわりが
感じられるシンプルで温もりのある”看板”ですね。

 DMA-_DSC0001-768x512 (1).jpg

2020-08-11 00:43:00
NO.6 湘南二宮・ふるさと炭焼き会   二宮 蕎麦 オリベ

※美味しく、酒を楽しめる”大人の蕎麦屋”です。

さて、次にメインのそばになりますが、三色天せいろ(鱧)を注文。
そばは、左から、田舎、白雪、せいろ、です。それぞれの味、香り、
喉ごしの違いを楽しめます。個人的には”田舎”が丹沢山にも合い、
私好みでした。今年、初の鱧天も美味しく頂きました。
その後、日本酒は春鹿、そして鴨の塩焼きを追加しました。
鴨は柔らかく、ジューシーで美味しかったです。
 次に、この店唯一のご飯もの、鯛焼きめしを注文するか
迷いましたが、これ以上、メタボにはなれん(笑)と
踏みとどまりました。
 ある雑誌の記事に”あるものがなく、ないものがある蕎麦屋”と
紹介されたそうです。それは、オリベさんのメニューをじっくりと
見れば分かります。天丼、親子丼、などの丼物、たぬきそば、
きつねそば、そば前の板わさ、だし巻きなどはありません。
あるものは、ハートランドビールからのくだりのところで、
いくつか紹介しましたが、極めつけは”車海老の塩焼き”です。
店の中には水槽があり、ナント車海老が泳いでいます。こんな
蕎麦屋、あり得ないです。(笑)ご主人は東京、麹町で割烹を
開店されていたそうです。普通の蕎麦屋では味わえない”逸品”
をご所望の方、ぜひ”オリベ”さんの暖簾をくぐって下さい。

  ※鴨の塩焼き。次回は車海老の塩焼きを食べたいと思います。

IMG_0963.JPG

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10