インフォメーション

2020-11-11 20:00:00
NO.8 湘南ヒストリックカークラブ

63回SHCCミーティング  大磯ロングビーチ
     11月29日(日)開催

  大磯ロングビーチで30余年

湘南ヒストリックカークラブは(SHCC)は、クラシックカー、
ヒストリックカーを愛する湘南のメンバーで1987年に発足した。
現在は東海、関西までのメンバーは100名程になります。
 5月末、10~11月末での大磯ロングビーチでの『SHCCミーティング
大磯ロングビーチ』を柱に、各地区で、活動しています。
 4月、名古屋熱田神社をスタートして、紀伊半島を巡り、京都の
平安神宮ゴールの『ラ・フェスタ・プリマ・ヴェッラ』
 10月、明治神宮スタートの『ラ・フェスタ・ミッレミリア』
京都、姫路、汐留の各地で開催される『コッパ・デ・シリーズ』の
各ラリーイベントの企画・運営を行っている、1920~1970年代の
古い車のアマチュアクラブです。
 メンバー希望の方は、メンバー2名の推薦があれば、車を所有
していなくても入会できます。


shcc2.jpeg

 ※ロータスエランで参加のCKB横山剣!

 

 

 

   

 

 

2020-11-06 10:26:00
NO.8 湘南ヒストリックカークラブ  青山一丁目  カザーレ・デル・コパッチョーネ

※ズラリと並んだカンパリ。古民家風の重厚なシャンデリア?
カザーレ・デル・パチッョコーネさんの本部は、新潟の上越市からの創業との事。

実は15~16年前、良く出張で新潟には行きました。お酒、お米、魚が美味しい所で
ノンベーの私にとっては最高でした(笑)一仕事終えて、夜の居酒屋へ。
特に
冬場のサンマやブリの刺身はあぶらが乗り、酒も安くて美味かったな。
中でも直江津(上越市)では、人格者で器の大きな方で、お昼に鮨を
ご馳走になったり、お米を送ってもらうなどお世話になりました。
また、上越市と言えば、春日山城、上杉謙信が思い起こされます。
私は30年程前に、横浜から城のある小田原へ引越して来たのですが、
その際、手伝ってくれたのが当時の部下二人で、どちらも新潟出身で
今回、記事を書く中、なつかしさや、感慨深いものを感じた次第です。


IMG_1512.JPG
※焼き栗のリゾット、手長エビのパスタ
新潟産の栗がたっぷり、入ったリゾット。二宮・葛川にもいる手長エビ。
食用になると聞いてましたが、早速、食べることが出来ました。
もちろん二宮産ではありません(笑)外国産です。

IMG_1514.JPG

※新潟の佐渡の島黒豚、ポルチーニ茸
佐渡の島黒豚は飼育数が少なく、希少です。上質の美味しい脂とほのかな甘み。
そして、きのこの王様
ポルチーニ茸、独特の香りと食感、美味しく頂きました。

IMG_1521.JPG

※ドルチェ、ティラミスとチョコレートケーキ
ドルチェがイタリア語でスイーツのことだと、この日初めて知りました(笑)
そういや、ドルチェアンドガバーナの歌、流行ってますね。
ティラミスは本当に美味しかったです。
 今回は、SHCCの村山さんに、本当に感謝しています。イタリア料理の
美味しさ、楽しさを実感できました。また、マネージャーの小松さんから
は、ワインや料理、食材について丁寧な説明や対応で、勉強になりました。
『旅先で訪れたイタリアのレストラン』を演出、テーマにされている
トラットリア カザーレ・デル・パチッョコーネさん”お薦め”です。

2020-11-04 11:37:00
NO.8 湘南ヒストリックカークラブ  青山一丁目  カザーレ・デル・コパッチョーネ

※隣は青山公園。建物、味は『リストランテ』。雰囲気、価格は『トラットリア』
実は本格的な、イタリアンは30年程前のバブル時代に、青山のリストランテ
サバティーニに
行ったことがあります。上司に連れて行ってもらったのですが
”凄くオシャレな店”という記憶以外、何も覚えていません(笑)
当時の勤務先は、渋谷の青山よりで、”青山〇〇〇ハイツ”という
雑居ビルでした。新橋に移転するまで、渋谷は14~15年程通いましたが、
居酒屋、焼き鳥屋専門で、青山方面のオシャレな店に行ったのはそれ一回
きりでした。(笑)


kaidann.JPG
※2Fへの階段。ヒストリックカーの写真が一杯(笑)
IMG_1501.JPG

※先ずは、伝統的なイタリアンビール『モレッティー』で乾杯

 実は、『カザーレ・デル・パチッョコーネ』さんへは、最初、私一人で
行く予定でした。勘のいいSHCCの村山さん、『この男』一人で行かせる
のは”ヤバイ”と思われたのでしょう(笑)一緒に行っていただくことに
なりました。そして、二人、だけでも寂しいということで、若い
男の子二人、女の子一人も加わり、計5人での食事OR飲み会
になりました(笑)若い子はSHCCの”準会員”のようで、この日の話
は8割は車の話でしたが楽しかったです。私も、10数年程前までは、
ターボ車の後ろにマウンテンバイク積んで、海、川、湖、山と走り回って
いたし。今は、電車で弁当やつまみで、景色を見ながら一杯が最高だけど(笑)

IMG_1510.JPG
※ハム、生ハム、カボチャ、なすび、ヤリイカ、そして、バルサミコ酢等
本店は新潟です。本場イタリアにも店舗を出したこともあり、食材も新潟と
イタリアと上手く
ミックス、配合されています。後、写真はないですが、
白ワイン美味しかったです。
『メルロー・アルビノ』赤ワイン用ぶどう
メルローから生まれた味わい深い白ワイン。
イタリアからの直輸入モノです。

 

 厳選されたイタリアの食材、ワイン等の購入は下記よりご覧ください
https://quals.shop-pro.jp/?pid=151128018   

IMG_1511.JPG

 ※カボチャ、サラミ、糸唐辛子、モッツァレラチーズのピザ
ナポリの窯(薪)。そして、自慢のモッツァレラチーズは自家製です。
もっちり、サクっと評判のピザです。


 自家製、モッツァレラチーズ購入ご希望の方は下記よりご覧ください
https://mumu-mozzarella.com/

2020-10-26 21:05:00
NO.8 湘南ヒストリックカークラブ  小田原  懐石料理  円相

※刺身、イサキ、角アジ、メジマグロ

 この日は、私の他にご夫婦が来店されており、好奇心の強い私はいつもの
ように声をかけてみました(笑)『今日はどちらからですか?』
最初は漠然と「
東京」、さらに聞き進めて「町田」さらに「鶴川」とのこと。
実は、40年ほど前に「鶴川」に住んだいた事もあり、その話より、色々と
会話が広がり、楽しいひと時が過ごす事ができました。その方は、ほぼ全国
の美味しいものを食べ歩きされていて、こちらの『円相』さんには
開店した、5年前より毎年、来店され、オープンした日にちまで、記憶
されている程の、『円相』さんのコアなファンの方でした。

 IMG_E1419.JPG 

※カラスミ、レンコン、サツマイモ、枝豆、栗、鴨ロース、鮎たまご等
秋らしい季節を表現した盛り付けです。自家製カラスミ、鴨ロースは特に
美味しかったです。
そして、鮎の卵、初めて頂きました。全部で十数種の
食材を丁寧にそれぞれ、作られていて、ノンベーには堪らない一品でした。

IMG_1422.JPG

 ※バカラのぐい吞み 黒龍(福井県吉田郡永平寺町・黒龍酒造)
2杯目のお酒は、黒龍にしました。黒龍という名前は、昔から知ってましたが
永平寺町に酒造があるのは知りませんでした。また、その黒龍が、20種類程、
揃っているそうです。
給仕の若い子に、大学が”龍”のつく名前だったから、
”龍”のつく酒はイイね。みたいな話をしていたら奥から、ご主人の中田さんが
出てきて『龍谷ですか?』とズバリ。良く、ご存じでと聞いたら若い時は京都の
料亭で修行されていたとの事。

 

IMG_1423.JPG

※椎茸、かます
かますがアブラが乗って、かますと分からない程美味しかったです(笑)
そして、写真はありませんが、太刀魚、しょうげんじ茸の天ぷら、

ゴマ豆腐のあんかけなど、本当に満足のいく料理の数々でした。

IMG_1428.JPG

 ※炊き込みご飯、アマダイ、銀杏
土鍋での上品な味の炊き込みごはん、絶品でした。
この後にデザート、最後は抹茶で締めでした。

日本料理、”和食”を季節感、食材、器、お酒にて、最高級レベルで
味わい、堪能させて頂きました。さらに、禅の“円相”の世界観も
この日は、少しだけですが、感じることができました(笑)
 違う季節に、又、伺いたいと思います。

2020-10-26 20:24:00
NO.8 湘南ヒストリックカークラブ  小田原  懐石料理  円相

※たぶん、禅宗の祖、達磨大師の掛け軸
カウンターは6席(個室4席)で、こじんまりと風流で清らかな空間です。

円相ビール.JPG

※”スーパードライプレミアム豊醸”の生ビール
 先ずは、どこであれいつものようにビールを注文。こちらには
メニューはなく、会話でも生にしますか、ビンにしますか、キリンにしますか
というやり取りは一切なく(笑)、暫くして出てきたのは”生ビール”

いきなり、ですが”美しさ”と”品”を感じました。普通、生ビールにそんな
こと感じたことは一度もないです。泡の形状、琥珀色の鮮やかさ、そして
コクと程よい苦みで美味い、さらに、竹細工のコースターも”粋”です。
ワンランク上の洗練された"ビール”でした。

 IMG_1414.JPG

 

※突出し、いくら、こはだ、甘エビ、ずわいがに等
  色んな味を楽しめ、チョツト贅沢で
  そして、突出しとは思えない立派な器です(笑)

 

IMG_E1416.JPG

※柚木、松茸、焼きなす、かぶ のお椀
 松茸たべるの何十年ぶりかな。これが本物の”松茸のお吸い物”
 いい香りで、上品な逸品でした。

IMG_1418.JPG

 ※ビードロのぐい吞みで、九頭龍(福井県吉田郡永平寺町・黒龍酒造)
  すっきりとした辛口の美味いお酒です。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...