インフォメーション

2022-05-17 07:14:00
月

薫風(くんぷう)とは、初夏に新緑のあいだを吹き抜けてくる、
青葉や若葉の香りを含んだ風の事です。この、さわやかな風を
充分に体感したいものです。

ゴールデンウイークはあちらこちらで、3年ぶりのイベントや
祭りが実施されたり、観光地などは久々に、多くの人で賑わい
を見せたようです。心配されたコロナですが、縮小の傾向で、
油断はできませんが、少し光明が見えてきた気がします。

さて、5月の異名で最も代表的なのが「皐月(さつき)」です。
早苗を植える頃の月という意味で、「早月(さつき 」とも
いわれます。「皐」の字には「神に捧げる稲」の意味があり、
また、「さわ、岸辺」の意味もあります。

千早赤坂村.jpg
すげがさの早乙女が田植え  大阪府千早赤阪村 「下赤坂の棚田」
懐かしい風景です。美味しいお米が出来そうな気がします(笑)


 


 





 

 

 

 

 

2022-05-12 12:30:00
北條五代祭り小田原編

食事後、小田原宿なりわい交流館に向かうと、すでに人だかりが出来ていた。
どうやら、”忍者パフォーマンス”が始まったようです。武者隊がこちらを
通るまで、1時間程あり、3組の忍者パフォーマンス、そして、3回の鉄砲演技が
ここで
実施されました。

IMG_2417.JPG

女性忍者、くノ一も数名
鮮やかな太刀裁きと軽快でスピーディーな動きです。


IMG_2421.JPG
忍者ゴッコをやっていた子供の頃を思い出します。
箱根との境に、風祭がありますが、その近くの風間谷が風魔一族の発祥の地。
小田原の風魔忍者を一躍有名にしたのは、やはり、「隠密剣士」かと思います。
主演は、あの月光仮面の大瀬康一、腹違いの将軍を公儀隠密の命を受け、世を
乱す忍者集団と戦っていく。相棒は伊賀忍者、霧の遁兵衛(牧冬吉)。
対するは風魔一族で、その頭領が風魔小太郎(天津 敏)。その頃はまだ
小学校の低学年で、風魔忍者は強くて、怖いイメージあり(笑)
隠密.jpg
秋草新太郎(大瀬康一)、霧の遁兵衛(牧 冬吉)

風魔.jpg

風魔小太郎(天津 敏)渋すぎる(笑)
隠密剣士、”忍法風魔一族”編では視聴率40%超えで、続編も出たそうです。
「風魔は風、風魔は忍び」の生きざまが自然体で格好いい。
そして、その後、映画化され、忍者ブームが到来する。


IMG_2425.JPG
鉄砲衆の演技


IMG_2426.JPG
火縄銃の号砲
鉄砲衆の演技は30年前より開始されました。
音が無いのは”寂しい”という声の中、鉄砲衆の参加で
より、祭りの賑わいが増したとの事。



IMG_2459.JPG

いよいよ、武者隊の登場。
通常パレードは、1700人だが250人に、コースも2.7キロから2.1キロ
短縮され観客の密集や集中の抑制に注意が払われていた。
スタートは銅門広場で出陣式なし。”忍者パフォーマンス””鉄砲演技”は
分散して、3箇所で実施された。パレードは下記の順で進行。
 1.武者隊先駆け軍団  手作り甲冑隊、ラジオテレビ宣伝隊
 2.武者隊北條軍団  ①初代 北條早雲隊  北条早雲 小田原市長
            ②二代 北條氏綱隊
            ③三代 北條氏康隊
            ④四代 北條氏政隊
            ⑤五代 北條氏直隊
   小田原市職員、市議会、学校関連、学生、etc の皆様、お疲れ様でした



IMG_2484.JPG
正室、お姫様


IMG_2488.JPG
騎馬武者
戦国時代絵巻の行進、時間にして、約40程。充分に楽しめました。
今回は250人程でしたが、通常は1700人との事。
本日の6~7倍の規模で、毎年、行われていたのを想像すると凄い祭りだと

改めて認識した次第。これに、松原神社例大祭の神輿が加わります。
これは、もうカオスですネ(笑)来年も楽しみデス!!



IMG_2491.JPG

 松原神社前の出店

IMG_2492.JPG
だるま料理店 明治26(1893年)創業
2時近くなっても、この状況です。さすが、老舗の名店です。
長い事、住んでますが行ったのは3回程です(笑)

IMG_2496.JPG
小田原のスクランブル交差点
行進の最後の方です。車、歩行者を停めて、武者隊を通過させているところです。
今日は天気も良く、いい一日でした。帰って”金麦”で一杯やるかな(笑)

下記にて、武者隊の動画、ご覧下さい

3年ぶりに開催『北條五代祭り武者行列』 【2022.5.3】 - YouTube

2022-05-10 13:32:00
北條五代祭り  食堂 あきら 小田原編

 あきら食堂
宮小路付近には、昔ながらの懐かしい風情のお店がたくさんあります。
松原神社より一本、海側の道沿いで、”小田原宿なりわい交流館”のある筋です。
もう一本先の、海側の筋が”かまぼこ通り”です。
ちょうど、
”小田原宿なりわい交流館”付近で”鉄砲演技”、”忍者パフォーマンス”の
実演があり、武者隊もこの筋を通るので、前より行って見たかった、あきら食堂に
決めました。


IMG_2405.JPG
手書きのメニューがイイ感じ、種類も豊富
カウンターが三席。4人掛けのテーブルが3つで、運良く1テーブル空いてました。
ガッツリ定食もいいけど、祭りには焼きそばと、ソース焼きそばを注文。ビールの
あてにもう一品、欲しい
ので追加で、マカロニサラダを。



IMG_2406.JPG
常連さんかな


IMG_2407.JPG
 ビールとマカロニサラダ
ビールはしっかり冷えてました。おばちゃんより、マカロニサラダにソースの指示。
掛けて見たら”メチャ旨”。今まで、ソースは買った事のない”醤油派”だったが
小さいコダワリは捨て、今度ソース買ってミヨ(笑)

IMG_2408.JPG
 ソース焼きそば 
大量の青のり、定番の紅しょうがもあり。そして、「あきら食堂」の器が
イイ味を出してます。


IMG_2409.JPG
そばの麺が、以外に固めん
通常、ソース焼きそばなら、ヤワめんなのだが、面白い。
営業時間11:00~19:00の表記なので、昼のみにいいかも(笑)
メニューも豊富だし、次回はカウンターで一杯行こうと思います。


 

 

 

 

 

2022-05-10 00:22:00
北條五代祭り 松原神社

松原神社例大祭 5月3日~5月5日
松原神社は、戦国時代にこの地を治めていた北条氏以降、歴代城主が崇敬
してきた総鎮守とされている。
松原神社例大祭は、漁師の祭りを起源としている。
神輿を船に見立て、神輿を止めて「木遣り」を唄う。

漁師が息を合わせながら仕事をするときのための歌で、この歌が終えると、
一気に「
オイサー」「オリャサー」の掛け声と共に商店や地区の例祭事務所などに
練りこみ、ご祝儀をもらう。こうしたスタイルは全国的にも珍しいようだ。
現在の小田原漁港は、小田原の隣駅である早川にあるが、かつては松原神社の近く
にあり、魚市場もあったという。松原神社周辺はまさに漁師町だった。
大漁祈願・家内安全などを願い祭りが行われてきたのがルーツとされている。

IMG_2391.JPG
 松原神社拝殿


IMG_2514.JPG
 吉兆の大亀
撫でるとご利益あり。皆さん、頭を撫で過ぎたのかな(笑)


 IMG_2518.JPG

 万祝
江戸時代から戦前にかけての正月、漁師が前年の大漁を祝い、今年の祈願を
する神社仏閣へ参拝時にきた晴れ着

IMG_2532.JPG
パワースポットと噂のイチョウ
当然、触ってきました(笑)

IMG_2398.JPG

 風格のある神輿 残念ながら今年は顔見せのみ
例大祭では、氏子町の神輿など28基、がこの神社に宮入します。
街中だけでなく海に入る、浜降りも勇壮です

IMG_2521.JPG
御神庫の扉 勇壮な神輿の写真
上の写真は、”浜降り”海に突入しています(笑)
下段は日本語、英語、韓国語、中国語での紹介説明文


IMG_2520.JPG
御神庫の扉 勇壮な神輿の写真

北條五代祭りは武士を主役にし、観光要素が高い祭りです。
松原神社例大祭は、庶民や海の男達が主役の祭り、来年は
ぜひ、勇壮な神輿を見たいものです

下記の動画にて、例大祭の雰囲気をぜひ味わって下さい


令和元年 小田原市本町<松原神社>例大祭【木遣り・跳び】
本社神輿=宮出・渡御(魚河岸・代官町) - YouTube

 

2022-05-07 08:30:00
北條五代祭り   小田原編

5月3日、3年ぶり開催の小田原北條五代まつりに、ナント26年ぶりに
行って来ました。横浜より小田原へ越してきた年に、一度行っただけで、
それ以来(笑)やはり、コロナ禍で自粛生活続いたので、今回は特別です。
北入口より城へ向かう、。突然、号砲が鳴り響き、煙幕が垂れ込めている。

IMG_2375.JPG
 城の石垣の上には甲冑の武者と鉄砲隊


IMG_2383.JPG
城への入場へは行列が出来ていました。天守閣も人が一杯。

私が、初めて小田原城へ来たのは32年程前。会社の慰安旅行で熱海で一泊し
その翌日、自由行動で小田原城にきて、天守閣に登りました。
季節は5月の半ばで、新緑の頃で晴天。今でもその時の感動や記憶が
蘇ります。天守閣からは、緑に映える箱根や伊豆方面、キラキラと輝く相模灘
そして、眼下に広がる小田原市街。ふと思ったのは『この街に住みたいな』
しかし、その頃は、東京から転勤で、大阪勤務の大阪住まいでした(笑)

 その後、東京に戻り、結婚し横浜に居住、そして、小田原に引越し、
途中に、離婚、退職、再就職と色々ありましたが、今も、運命的に
小田原に住み続けています(笑)半分は二宮だけど。

 司馬遼太郎の『箱根の坂』は、北條早雲を主人公にした小説。
下剋上の戦国時代の先駆け、口火をきったのが早雲。素浪人から相模を統一を
成し遂げ、北條五代の基礎を作りました。革命家でもあり、政治家でした。


自然豊かで、風光明媚、そして、戦国ロマンに溢れ、魚や蒲鉾も美味しい(笑)
さらに”城一族”の自分にとっては、城のある小田原は、何故か気が安らかになる
街です。


IMG_2381.JPG
 貸し衣装かな
鎧兜、甲冑、忍者、御姫様の衣装の貸出あり、記念撮影もできます。

IMG_2382.JPG
 手裏剣打ち道場、的に手裏剣を投げますがケッコウ当たらない(笑)
戦国時代も、そして、現代も情報取集やその活用が生存を左右します
北条では、風魔小太郎を代表とする”風魔一族”が有名です


IMG_2386.JPG
二の丸広場 露店や出店
多くの人、家族連れで賑わっていました。生ビールの誘惑を振り切り
”ランチ”の目的地に向かいました(笑) 

IMG_2387.JPG
 学橋
お堀に架かる赤い橋。平成4年までは、城内に小学校があったのでこの名称
になっています。欄干の下、皆が覗きこんで見ているのは”鯉”(笑)

以上、パレード前の城内風景でした。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...